スポンサーリンク

鉛中毒死と貴重なワシたちからのメッセージ

その他
オオワシ。日本では天然記念物、国内希少野生動植物種に指定されています。翼を広げると240cmにもなります。日本では主に北海道に飛来します。Wikipediaオジロワシ。国の天然記念物、国内希少野生動植物種に指定されています。Wikipediaどちらも環境破壊によって巣を作る場所を奪われエサの確保が困難になり生息数は減少の一途。そして、北海道では、エゾシカの狩猟で使用された鉛弾の破片を飲み込むことにより、鉛中毒で命を落とすワシたちが20年程前から急増しました。鉛中毒は、クマタカやイヌワシ、シマフクロウなどにも被害が拡大していることがわかっています。鉛弾で仕留めたエゾシカは、ハンターが食べられる肉の部分だけ切り取り残りは森の中に放置します。その残りのエゾシカの死体をワシなどの動物が食べる時に鉛の破片を一緒に飲みこんでしまうのです。 鉛は体内に取り込まれると、赤血球に90%、血漿中に10%分布し、血流にのって身体の隅々まで広がります。様々な臓器に障害を与え、多様な症状を表すことが知られています。鉛の中毒で特に注目されているのは、中枢神経系の障害です。神経障害は野生動物では生死に関わる大問題になります。北海道では2000年からエゾシカ猟での鉛ライフル弾の使用禁止2001年からエゾシカ猟での鉛散弾の使用を禁止2003年からは、エゾシカの死体放置の禁止2004年からは、ヒグマ猟での鉛

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました