スポンサーリンク

健常者の怒りと自閉系の怒り

カウンセラー
間もなく6月。そういえば、今梅雨なのでしょうか。天気予報は精度が上がったのか どうか分かりませんが、直前になって情報を変更することが多くなりました。 朝の情報で傘を持たずに出かけてしまい、夕方には100円ショップでビニール傘。 それでも、直前の予報は「にわか雨」。これを「正確」と呼ぶのかなあ。 今日も150円ムダに使っちゃった・・・・。  「怒り」がなぜ発生するのかというと、たとえば、ライオンが襲ってくれば「恐怖」でも、 人間がイヤなことを仕掛けてくれば、いったんは「不安」になっても、すぐに「腹立ち」 へと変化しますね。この「軽度不安」が「怒り」へと転化するとしたら、うまく説明は できます。前述のライオンの場合は、「重度不安」が発生しますから、「逃げる」か 「震えて動けずその場に座り込む」しかありません。まあ、武井壮さんくらいになると、 ライオンなど素手で倒すのでしょう。 その「怒り」ですが、一般的にはその原因となった相手以外になら、ある程度抑える ことが可能です。 ところが、自閉系の脳を持つ方は、相手の区別がつかないようになってしまいます。 「怒り」をコントロール(流す)右脳側に弱点がありますから、一度脳内をめぐりだした 

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました