スポンサーリンク

アモキシシリンの1日最大量は4000mgですか?

アモキシシリン。
小児科では非常にポピュラーな抗菌薬です。
溶連菌性咽頭炎、中耳炎、副鼻腔炎、肺炎などで使用されます。
このアモキシシリンの1日最大量について、悩んだことはありませんか?
今回は、アモキシシリンの1日最大量について書きます。
アモキシシリンの添付文書
まずは薬の基本、添付文書を見てみましょう。
成人
アモキシシリン水和物として、通常1回250mg(力価)を1日3〜4回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
ヘリコバクター・ピロリ感染症に対しては、通常、成人にはアモキシシリン水和物として1回750mg(力価)、クラリスロマイシンとして1回200mg(力価)及びプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。
小児
アモキシシリン水和物として、通常1日20〜40mg(力価)/kgを3〜4回に分割経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日量として最大90mg(力価)/kgを超えないこと。
成人では1日750-1000mgとなります。
ヘリコバクター・ピロリに対しては1日1500mgになります。
小児では最大90mg(力価)/kgとはありますが、最大量については特に記載されていません。
たとえば、13歳で体重60kgの中学生が小児科外来に来たとき、アモキシシリン5400mgを処方していいのでしょうか。
それとも、成人量であ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました