スポンサーリンク

ビッグテック暴落は終わりの始まりなのか

内科医
おはようございます。
これまで米国株の成長を牽引してきたビッグテック銘柄ですが、2022年の調整局面に入ってからは厳しい局面を迎えています。
一部の評論家の中では、この現状を2000年のドットコムバブル崩壊になぞらえ「ビッグテック崩壊」と呼ぶ声もあるようです。
私個人としては、2000年のドットコムバブル時代とはこれらのビッグテックの企業価値やこれまでに挙げてきた業績が桁違いであり、「崩壊」とまでは呼べないのではないかと考えています。
ビッグテック暴落は終わりの始まりなのか
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. ビッグテック暴落の現状について
2. 2000年のドットコムバブル崩壊とは状況が大きく異なる
3. 株価上昇のエンジンとしてビッグテックは必須だが、分散投資を心がける
以下1つ1つ掘り下げてみていきます。
 
1. ビッグテック暴落の現状について
2010年代の米国株の成長はめざましく、他の先進諸国と比較しても桁違いの株価上昇を成し遂げました。
まさに「米国株の一人勝ち」といえる状態だったわけです。
2022年に入り、ロシア軍のウクライナ侵攻、各種原材料費や資源の高騰、米国を中心とした極端なインフレと金融引き締め政策の影響などにより、株価は大きく下落しています。
特にその影響が大きいのが、これまで株価上昇を牽引してきたビッグテック企業です。
そこで、今回はビッグテック

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました