スポンサーリンク

神の詩 第五章十一節 1/5

その他
神の詩 第五章十一節 1「ヨーガ行者は、自己を浄化するために、執着を捨てて、肉体と心と知性と感覚だけで行動する。(十一)」意識を、顕在意識から普遍意識へと引き上げると、心の在り方も変容し、知性も純粋知性へと変容し、感覚も最大能力で働くようになっていきます。感覚の対象が以前と同じものでも、より精妙な波動での体験が可能となりますので、今まで見えなかった対象の真の価値が見いだせるようになります。自己浄化の過程は、大きく分けて三つの段階に分けることが出来ます。最初は、顕在意識から超越意識に至る段階、次に、超越意識からより精妙な宇宙意識に至る段階。そして最終的に、宇宙意識から神意識へと至る段階です。段階を経るにしたがって、より精妙でより波動の高い洗練された働きが要求されます。「魂が三つのエネルギー体による三段階のマーヤを経て解脱に至る。」パラマハンサ・ヨガナンダ大師続きます。精解 神の詩 聖典バガヴァッド・ギーター 1森井 啓二きれい・ねっと2021-09-01今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします。人気ブログランキング
Source: ひかたま(光の魂たち)

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました