スポンサーリンク

神の詩 第五章十一節 2

その他
神の詩 第五章十一節 2「ヨーガ行者は、自己を浄化するために、執着を捨てて、肉体と心と知性と感覚だけで行動する。(十一)」続きです。段階を経るにしたがって、より精妙でより波動の高い洗練された働きが要求されます。「魂が三つのエネルギー体による三段階のマーヤを経て解脱に至る。」パラマハンサ・ヨガナンダ大師私たちは、無智の中にどっぷりと浸かっているうちは自己浄化などは考えませんが、誰もがいつかは浄化が必要だと感じるようになります。地上に生まれてから育つ社会の中では、自己中心主義や利己的な利益を優先することを学んだり、他人を傷つけたり、自分の立場を有利にするために嘘をついたり、不平や不満に満ちていたり、怠惰だったり、欲望のままに行動したり、何かに依存したりと、自然の摂理からは考えられない不自然な習慣を当たり前のこととして身に着けてしまいます。誰もが本来の姿は、仏陀のはずです。でも社会生活の中で自我によって惹きつけた穢れによって、その本性は覆い隠されてしまっています。人は、どんな波動でも周囲から吸収する能力を持っています。しかも、自分で善い波動だけ吸収すれば良いものを、それを的確にコントロールする意志が確立されていないために、さまざまな波動を吸収してしまいます。それは、自我には欲望や鈍性などによって、心に歪みが生じているからです。真我は、それについていつでも警告を発信しているにも関わらず、自

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました