スポンサーリンク

乳がん関係のテレビ番組は、観る派?

その他
「乳がんになりたての頃は、 “乳がん”という言葉に敏感だったっけ...」新聞のラテ欄(もう死語か?)で、『乳がん』というワードをみつけると、必ずその番組を見ていたものだ乳がんをテーマにしたドラマも、「それはちょっと違うかな。 やっぱり“ドラマ”だなぁ」と、現実の乳がんと比較しながらも食い入るように観ていた実話をもとにした映画も、「どこまでがつくられたものだのだろう」と、美化されたストーリーに違和感を抱いたりもした一番真実味があったのは、ドキュメンタリーだ実際の乳がん患者を、長いときは数か月~数年、取材を続ける外来での医師とのやり取り、治療の様子、日常生活、時には職場でのひとコマなど、乳がん患者のリアルな現状を知ることができるのは、ためにもなり、共感を得られる材料でもあった“乳がん”を題材にした医療系のテレビ番組はどれほど見てきたか...そんな強い関心も、今では薄らいだ「もう乳がんのことは、 あまり考えたくない」というのが本音だいろいろだと思うたまたま私は、乳がん告知を受けたときから、“なんでも知りたい派”だったそのたびに、“乳がん”という現実に何度も衝撃を受けては落ち込んだそれでも私は知りたかった『がん関連のテレビ番組は“観る派”』であり、『がん関連の情報は“知りたい派”』であるもちろん、“知りたくない派”の人は、それはそれでいいと思う  今日、正午前  6日振りに少しだけ空が見え

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました