スポンサーリンク

iDeCoの加入対象年齢が65歳以上に拡大か?

内科医
おはようございます。
iDeCoの加入対象年齢が65歳以上に拡大される可能性があるというニュースが話題になっています。
www.nikkei.com
この背景として、
・少子高齢化の流れがますます加速する中、これまでの「60歳定年」が常識ではなくなり、70歳近くまで働く人が増える可能性があること
・政府は「貯蓄から投資へ」のスローガンのもと、国任せでなく個人で老後資金を用意する流れを作りたいこと
などが挙げられます。
本日はこの「iDeCo加入対象年齢拡大」について考察します。
iDeCoの加入対象年齢が65歳以上に拡大か?
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. iDeCoは2022年5月から「原則65歳まで」加入可能となった
2. さらに65歳以上も加入できるよう制度拡大を検討
3. 老後に向けた資産形成は「自己責任」の時代に突入
以下1つ1つ掘り下げてみていきます。
 
1. iDeCoは2022年5月から「原則65歳まで」加入可能となった
若い方には直接関係のない話なのでご存知ない方も多いかもしれませんが、実は2022年5月からiDeCoは「原則65歳まで」加入可能となりました。
詳しくは以下の楽天証券のページが参考になります。
www.rakuten-sec.co.jp
「国民年金の被保険者であれば」という前提条件には変更ありませんが、以前はiDeCo加入は60歳まで

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました