スポンサーリンク

神の詩 第五章十一節 3

その他
神の詩 第五章十一節 3「ヨーガ行者は、自己を浄化するために、執着を捨てて、肉体と心と知性と感覚だけで行動する。(十一)」続きです。「魂が三つのエネルギー体による三段階のマーヤを経て解脱に至る。」パラマハンサ・ヨガナンダ大師「心身共に清らかになりたい、強く安定した心で、崇高な理念に向かっていきたい。」という心の内側からの思いが出てきたら、本格的な自己浄化の始まりです。ここで自己浄化が始まるのですが、いきなりいくつかの強敵が心の中から出てきます。自己浄化の道にいる強敵の代表的なものには、怠惰、自尊心、外界の出来事に囚われること、内面の緊張、至高霊へと向かう強い意志の欠如などがあります。今日はこの5つについて内観して整理しておいてください。続きます。精解 神の詩 聖典バガヴァッド・ギーター 3森井 啓二きれい・ねっと2021-08-20今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします。人気ブログランキング
Source: ひかたま(光の魂たち)

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました