スポンサーリンク

がん治療をすると、老化が早まる気がする。

その他
朝、5℃日中、8℃太陽が出なくなって、今日で8日あと一週間は、雲の上に引きこもるらしいそんな今日も、ストーブが欠かせない朝となる“乳がんになった身体”“乳がんにならなかった身体”――身体はひとつしかないだから、比べることはできないが、なんとなく思うのは、“がん治療をすると、 老化が早いような気がする”そりゃそうか卵巣の働きを止めて、強制的に女性ホルモンの分泌を抑えているわけだ身体に様々な影響が出るのは必至である4週間に一度、お腹にホルモン注射を打ちに病院へ行った卵巣の働きを止める薬だ打つたびに、「なんでこんなことしているんだろう」と、哀しくなった数日間、必ず落ち込んだ毎朝服用するホルモン剤も、手にしては、「これを飲むと、 身体がどんどん変わってゆくんだ...。 私は自ら、 これで自分の身体を変えているんだ...」と思うと、飲むのが怖かった飲むたびに罪悪感に襲われた“乳がんを治療するため”頭ではわかっていても、心のどこかで“女性”としての思いが足掻いていた一生で、ティースプーン1杯しか分泌されないエストロゲンその、たったティースプーン1杯のエストロゲンが、心臓を守り、血管や骨を強くしてくれ、脳の健康を維持してくれるそれを止めるのだから、やっぱり不調を来たすのは避けられない生きるため――が、その代償は小さくはない  大切な命を守るためには、  まず、『早期発見』  だから、今日も私はℓ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました