スポンサーリンク

神の詩 第五章十一節 4

その他
神の詩 第五章十一節 4「ヨーガ行者は、自己を浄化するために、執着を捨てて、肉体と心と知性と感覚だけで行動する。(十一)」続きです。自己浄化の過程ではいきなりいくつかの強敵が心の中から出てきます。自己浄化の道にいる強敵の代表的なものには、怠惰、自尊心、外界の出来事に囚われること、内面の緊張、至高霊へと向かう強い意志の欠如などがあります。怠惰:浄化のためにまず聖典を読んで瞑想しようと考えても、明日からにしようとか今日は疲れているからやらない、と先延ばしにしてしまいます。これは生活全般にも大きな影響を及ぼします。人生で今この瞬間、この機会が魂の行く先を決めます。自尊心:人はどんな存在、どんな状況からでも学ぶことがあります。身分や年齢など目先の小さなことに囚われていると大きな智慧を学ぶ機会を失うこととなります。自尊心は、謙虚に学ぶ姿勢を奪ってしまいます。師や聖典の教えに対して、自分の偏見を通して解釈することなく、深い信頼と共に、真摯に学ぶ姿勢を身に着けることはとても大切になります。外界の出来事に囚われること:外界の出来事に夢中になると、貴重な時間が浪費されていきます。世俗の娯楽、さまざまな情報収集、富などなど。こういったものに没頭すると、確実に内面への探究心が弱まります。内面の緊張:現代社会では、仕事や生活の中で人は何らかの目標を立てて、その達成のために、それを出来るだけ完璧にこなすため

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました