スポンサーリンク

円安とインフレのダブルパンチで銀行預金の価値が大幅に低下

内科医
おはようございます。
2022年に入り、円安とインフレのダブルパンチで銀行預金の価値が気が付かないうちに大幅に低下しています。
長期的には円安が避けられないだろうとは思っていましたが、まさかここまで急激に円安が進行するとは考えていませんでした。
また、ロシアのウクライナ侵攻に伴う燃料や原材料費高騰の波は日本にも押し寄せてきており、光熱費上昇や食料品価格上昇といった形で家計を圧迫しています。
現金はインフレに対して脆弱であり、他のアセットや通貨への分散が欠かせない時代に突入したことが実証された形になります。
円安とインフレのダブルパンチで銀行預金の価値が大幅に低下
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. 円安とインフレのダブルパンチで現金の実質的価値が大幅に低下
2. 現金はインフレに脆弱であり、他のアセットへの分散が必要
3. 現状で債券やコモディティは難しく、やはり株式の長期保有が正解
以下詳細を見ていきます。
 
1. 円安とインフレのダブルパンチで現金の実質的価値が大幅に低下
2022年6月8日現在、「1ドル=132円台」という近年類を見ない円安水準になっています。
また、ロシアのウクライナ侵攻や、それに伴う燃料・原材料費の高騰により、米国を中心として世界中で極端なインフレが発生しています。
極端なインフレに対応するため、米国FRBは次々と利上げに踏み切っていますが、日本

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました