スポンサーリンク

「お守り」を他人に見せても良いものか?触らせても良いものか?

健康法
   お守り(パワーストーン等)は、他人に見せても大丈夫です。 逆に言えば、人に見せる事で、「その人からの生霊」を多少たりとも受けなくなりますので、「会議」や「ミーティング」、「人混み」のお守りは必要かと思います。 特にペンダントトップ型のお守りは、苦手な人や荒々しい人からあなたを守ります。何故なら相手の目がペンダントトップに飛んで、パワーストーンがそのエネルギーを緩和してくれて、念障害を軽くしてくれます。 「苦手な方に合う場合」や「沢山の方に合う日」は、大型のペンダントトップや奇抜なペンダントトップをつけて行くといいです。ただし「人間関係を良くしたい時」や、「新たな友人を作りたい時」、「おとなしくしていたい時」は、おとなしい愛の波動のラリマー(水色)やクンツァイト(ピンク)などをつけて行ってください。又、ブレスレットは、いろんなことから直接守ってくれ、よりつよく守るのには左手につけてください。又、左、右とWでつけても良く、ホウホウは、外出時は左右に2連つけて守ってもらっております。中でも「最強のパワーの石」は、ルチルやラピスラズリ、ハーキマーダイヤモンドです。 そして最後にひとつ。「パワーストーンを人に触らせても良いのか?」という簡単な問題なのですが、「神社のお守りを他人に触らせないのと同じ」で、他人が触る事で波動が移ったりもしますので、できれば、パワーストーンは他人に触らせない

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました