スポンサーリンク

「遠い将来より目先の利益」がゴール達成を困難にする

内科医
おはようございます。
株式投資を難しくしている大きな理由の1つに、人間は遠い将来の利益を思い浮かべることが難しく、目先の利益を優先してしまいがちだという点が挙げられます。
本当にやらなければならないことはその逆であり、一般に株式投資というのは投資期間を長く確保すればするほど利益を出すことが容易になります。
もちろん、投資を長く続けていてもいつ暴落に巻き込まれるかはわかりませんが、投資期間が長くなるほどそれまでに積み上げた利益があるため、暴落に対しても落ち着いて対処できます。
暴落の時期や程度を正確に読むことは不可能ですので、我々個人投資家としてはあらかじめ決めたアセットアロケーションを守り、相場に居続けることが最適解となります。
「遠い将来より目先の利益」がゴール達成を困難にする
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. 遠い将来より目先の利益を優先すると投資の難易度は上がる
2. 投資期間を長く確保するほど投資で成功するのは容易となる
3. 売買や保有に関わるコストを徹底的に削減する
以下詳細を見ていきます。
 
1. 遠い将来より目先の利益を優先すると投資の難易度は上がる
遠い将来を見据えずに目先の利益にこだわってしまうと、株式投資というゲームの難易度は大きく上がってしまいます。
株価の動きというのは短期になればなるほど、その日に上がるか下がるかを賭けるゼロサムゲームに近づく

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました