スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 5

その他
 神の詩 第五章十二節 5「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。「心は、捉え難く、安易に騒めき、欲するままに揺れ動く。この心を制御することは善いことである。心を制御した者は、安楽をもたらす。」釈迦大師「ダンマパダ」心を穏やかに静謐にして、制御し、安定させることが「心の統一」へと繋がります。仏教では、仏の道の実践、つまり修行とは、「戒・定・慧」と表すことが出来ます。戒は、心を落ち着かせて制御すること。定は、制御した心の状態をしっかりと不動のものにすること。慧は、心の働きを完全に理解することです。これら「戒」「定」「慧」は、お互いに密接に関連し合い、一つの有機体のように働きます。「戒」が清められるほど「定」は安定していき、「慧」が現れ、心は統一されます。人は、心の正しい使い方を学ばなければなりません。心の使い方次第で、地上は天国にも地獄にもなります。心の活用次第で、人生を解脱に向かわせることも、暗闇に葬ることもできます。心は正しく使うことによって、統一されていきます。心は誤って使うことによって、分裂していきます。次回からは「心の正しい使い方」の実践について述べていきましょう。続きます。また追いつかない人がかなり出ているので少し休憩しましょうか。神理の扉

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました