スポンサーリンク

がんと医療保険。

その他
“万が一のため”――その“万が一”は、本当はない方がいいが、時として起こり得るもともと医療保険には入っていた初めて加入したのは、20代の頃もちろん、がん保険には入っていなかったまさか20代や30代で“がん保険”なんて頭にもないが、乳がんになったそれでも医療保険のお陰で、入院費くらいは充てられたその保険も、手術から5年後、満期を迎えることになっていた病気や怪我、まさか“再発”なんてことになったら、入院や手術の費用の補填となるものが全くない探した満期を迎える前に、入れる保険を...「“がん保険”は難しい」と、周囲から言われていたそれは保険会社の方と、ファイナンシャルプランナーだもちろん、月々の掛け金が高額なら入れるがん保険はあったでも私は、なにも“がん保険”を求めていたわけではない一般的な“医療保険”でよかったその理由は、『もう“がん”なんて考えたくなかったから』再発も、ほかのがんになることも、もういいそれより、ほかの病気や怪我をしたときのために“医療保険”に入りたかったもちろんそこには、“再発”という思いがなかったわけではないそれでも当時、医療保険には入れなかった治療終了から5年が経っても入ることはできなかった“がん保険”に加入したいと言ったわけではない通常の“医療保険”だそれでも国内2社の保険会社に断られたのだ「10年経てば入れると思うのですが...」“10年”――現実を突きつけら

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました