スポンサーリンク

特定口座の源泉徴収あり・なしはどちらを選択すべきか?

内科医
おはようございます。 
当ブログの読者である同業の先生から、特定口座の源泉徴収あり・なし、どちらを選択すべきかについて以下のご質問をいただきました。
はじめまして、米国株1年目の いもようかん と申します。
 
非常に為になる情報をありがとうございます。
いつも勉強させて頂いております。
さて、ちゅり男様に質問させて頂きたいのは、売却益に伴う税金の事です。
 
私は現在36歳の勤務医(10年目)で、某証券会社の特定口座(源泉徴収なし, 年末にバイト病院の収入の確定申告もするため源泉徴収なしにしています)でVTIとVYMメインおよび少しの高配当株を運用し、アーリーリタイアを目指しております。
仮に今後アーリーリタイア出来た際には、可能なら配当金のみで生活したいと考えております。
 
しかし、予期せぬ出来事で、アーリーリタイア前に配当金だけでは足らずに運用資産を売却する必要が出てくる可能性もあり、その際に売却益に伴う税金の知識がなければ、その場は凌げても税金が払えないという事態にもなりかねません。
大まかな知識(売却益の何割は税金用に分けた方が良い、など)があれば、今後の銘柄変更に伴う株売却の際などにも応用出来ると考え、質問させて頂きました。
 
つきましては、
①売却益の税金の基礎知識(売却益の何割は税金用に分けた方が良い、ある銘柄を売却し新規銘柄購入する際の税金の注意点など)

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました