スポンサーリンク

あきらめない 大腸がん カテーテル治療

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさま、おはようございます2代目ガンちゃん先生です今日は、あきらめない大腸がん治療の話大腸がん、日本人が最も患う可能性の高い癌です年間14万人が大腸がんの診断を受けています大腸がんは早期であれば内視鏡的切除もしくは外科的切除が行われ、進行した状態では、全身の抗がん剤治療が確立しています大腸がんで最も転移しやすい場所は、肝臓で進行した状態、転移した状態では、多くの場合が肝臓に癌を持つことが多いです進行した状態への全身の抗がん剤治療はとっても確立していて、1番目から3ー4番目くらいまで治療の順番が決まっていますですが、実際は3番目くらいから治療の効果はマイルドになってきて、癌を小さくするというよりも大きくさせないという治療に移り変わってしまい、治療するDrからもあきらめムードが漂ってきます例えば、この患者さま、2年前に岩本内科に来院された大腸がんを患う患者さま福岡県内からのご来院です3年前に、大腸がんが見つかり肝転移を有する状態で見つかり、大腸は切除肝転移に対して全身の抗癌剤治療を開始、一つ目の抗癌剤は少し効果が出ましたが、しびれが出て来て中断、次の治療に切り替え、なんとか過ごしましたが、徐々

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました