スポンサーリンク

何もしない「余白時間」を意識的に確保する重要性

内科医
おはようございます。
昔ならば毎日当たり前のように存在していた「ゆとり時間」「余白時間」が、スマホなどのデバイスにどんどん侵食されています。
LINEやSNSを四六時中せわしなく触っている方がいますが、通知がくるたびにスマホに意識が分散することは大きな問題であり、ゆとりや集中力の欠如につながっていると思います。
アイデアや新しい気付きというのは余白時間から生まれることが多く、多忙の中にもほんのちょっとのゆとり時間を持つ工夫をしたいものです。
何もしない「余白時間」を意識的に確保する重要性
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. 何もしない「余白時間」を意識的に確保することが重要な時代
2. せわしなくスマホを触っている人にはゆとりが足りない
3. 散歩と読書、メモ書きがオススメ
以下詳細を見ていきます。
 
1. 何もしない「余白時間」を意識的に確保することが重要な時代
スマホの万能性が我々の「余白時間」を奪っており、暇な時間ができたとしても何もしていない時間というのは意外に少ないことに気が付きます。
5分でも時間があればTwitterやInstagramなどのSNSを眺めたり、Youtubeで動画を見たりできるからです。
これらの娯楽は報酬系に作用するドーパミンを脳内で分泌させ、快楽を伴うため中毒性が高く、「気がついたらやっている」という状態に陥りやすいのです。
昔は電車に乗

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました