スポンサーリンク

胃炎=六君子湯の方程式はないよな。

内科医
胃炎ならば「六君子湯」とか思われている医療従事者が多いのが残念。病名投与は漢方医療に適さないんだよね。漢方処方の性格を知るには…薬草の性格を知ることが重要になるよな…薬徴の理解だよな。六君子湯の構成は…半夏・茯苓・人参・朮各4.0;陳皮・大棗各2.0;甘草・乾生姜各1.5こんな感じになります。これを気血水理論で分けると…気剤:半夏・大棗・朮血剤:人参水剤:茯苓・乾生姜・陳皮これを身体に当てはめると…気剤:半夏は胃の気剤・大棗は腸の気剤・朮は下腹部の気剤血剤:人参は腸の血熱を増加させる水剤:茯苓は不必要な水を体外へ・乾生姜は腸の水分吸収を高める・陳皮は胃水を温めるこんな分析になり…六君子湯の適応は胃腸虚弱の患者であり、今の世の中では殆どいません。老齢者や胃腸の術後の患者の適応がある程度だと思われます。胃熱がある黄連剤の適応がある患者に六君子湯を投与すれば悪化します。現在の多くの患者さんは胃炎でも六君子湯の適応がある人は殆どいません。六君子湯適応の患者さんの腹部は心窩部から下腹部までの動悸が触れる筈です。この様な漢方薬を投与するに当たり…漢方処方の解析が出来るか?ということが重要だと思います。次に漢方薬投与に際して必要なことは…一般医学の病名は頭に置かないで身体を見ることが重要に他なりません。漢方医学の特質をしっかりと見極める医療従事者が多くなることを望みます。今は…端境(はざかい)期

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました