スポンサーリンク

全身化学療法不応、不耐の胆道がんへの動注化学療法

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!          みなさま、おはようございます2代目ガンちゃん先生です今日は、大雨ですここ最近の、大雨、うんざりします特に、福岡県の久留米市は氾濫することもあるので、大変です気候の変化に、これまでの治水が対応できていないという事なのでしょうか?私は、雨、好きな方なのですが、このどか降りは、嫌いです・・・さて、今日は、胆道がんのお話胆道がんとは、胆管がん、胆のうがん、肝内胆管がん、十二指腸乳頭部がんなどの総称です膵がんと並ぶ現代の難治がんの一つです年間2万人を超える方が診断を受けていて、徐々に増加していますこの胆道がんの問題点は、効果を示す抗がん剤が少ない事ですゲムシタビン、シスプラチン、TS-1というのが基本的に使える抗がん剤です癌パネル検査でうまく合えば、ペミガチニブ(ペマジール)という薬剤を使う事ができます最近の、臨床試験で、癌に対する免疫を活性化させる免疫チェックポイント阻害剤のデュルバルマブという薬剤が、胆道がんで効果を示し、今後、治療選択肢になる可能性が高いです岩本内科では、このような胆道がんにも、全身の抗がん剤治療が不応の場合には、動注化学療法を行います胆道がんへの、動注化学療法は、アメリカの動注化学

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました