スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 27

その他
 神の詩 第五章十二節 27「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。続きです。「プルシャ(真の自己)の本性を知ることによって、グナ(自然の構成要素)に対してさえ渇望しなくなった時、それが至上の離欲である。」ヨーガ・スートラ第一章十六節瞑想が深まり、内側から精妙な感覚とエネルギーを感じ取れるようになると、プルシャ(至高の精神原理)を直感できるようになり、もはや三つのグナで構成される常に変化する諸行無常の世界での欲望は消えていきます。プルシャに触れる体験によって、心の中にあるアハンカーラ(自我を形成する基本的な心の構成要素)によって起こる変化し続ける物質世界への欲望は、すべてマーヤ(幻想)であることを認識するからです。「瞑想が深まると、すべての純粋な力が顕現する。」サーンキャ・カーリカー今日はここまで続きます。ホメオパシー 基本レメディ活用ガイド森井 啓二きれい・ねっと2022-03-03今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします。人気ブログランキング
Source: ひかたま(光の魂たち)

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました