スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 29

その他
 神の詩 第五章十二節 29「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。心を統一するための二本柱は、「心構え」と「動機」です。これを知り、学び、実践しなければなりません。それにはまず「自分の心を読む」という習慣が大切です。ギーターの最初の第一章一節目を思い返してみてください。「聖地ダルマクシェートラ、クルクシェートラの地に、戦おうとして集結した、私の息子達とパーンドゥ王の息子達は何をしているのか、サンジャヤよ。」これは、私たちが日常の生活で、夜寝る前に自分自身に問いかけるべき質問であり、自分の心を読む習慣をつけるべき助言となっています。自分の中の善と悪、物質的な行いと霊的な行いがどうだったのか、自分の心はどうあったのか、一日を振り返ってよく内観してみるための問いになっています。実際に、多くの人は「自分の心を読む」という習慣がありません。心を読む習慣は、心をあるがままに知るための第一歩になります。ギーターの第一章は、瞑想の概略について深く書かれているのですが、第一節目からいきなり心の中に入り込んでいくのです。心を統一させる最も大切な要素は、すでに解説した通り第一章の初めの各節に出てきます。「ここには、勇猛な戦士アルジュナやピーマに匹敵する弓の達人達がいる。

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました