スポンサーリンク

安倍元首相の国葬は感情論や政治的イデオロギーではない

健康法
バカな坊主とバカなライターです。まぁゲンダイですから、、基本的に反対視点。安倍元首相の国葬は必要か? 現役僧侶たちが語る「弔いの本質」(SALLiA)ネットでも《国葬自体に反対なのではなく、ただでなくても物価の値上がりなどで生活が逼迫している中で、国税を使うことに対して反対の声が上がるのは当然》《安倍氏を悼むことは大切だが、天皇陛下と同じ国葬にするのはやりすぎなのでは》《7月12日の増上寺のお見送りで充分、弔いにはなってると思う》など、安倍氏を悼むことは大切としながらも、国葬に拘る政府に対しての不満がの声が噴出。ツイッターでも〈#安倍国葬より国民を助けてください〉〈#安倍晋三の国葬に反対します〉とハッシュタグがつけられた声が拡散した。 国葬は「弔い」として、本当に必要なのか? 現役僧侶たちの率直な意見を聞いた。■国民の一人としての僧侶の思い「あくまで個人の意見にはなりますが、私は弔い自体は個人によるものという感覚を持っています。それはそれぞれの家の祖霊の祀りは、その家の方々が主体となるという考え方です。一方、国葬というものは、現代の日本において政治の問題であり、個人の弔いとは別の物だと感じています。これは会社の社葬がお別れの会に変質していった経緯などの例を考えると、喪を介しての社交であり、葬儀の社会的側面からは肯定されるものですが、個としての弔いとは、いささか乖離があるように感じま

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました