スポンサーリンク

「旧盆」と「新盆」が重なったスピリチュアルなお盆!

健康法
 今日は、「昔の旧盆(旧暦7月15日) 」になります。 「旧盆=満月の日」ですので、昔は「旧盆の日」は、必ず満月であり、笛や太鼓の音と盆踊りなどで「祖霊」を天国にお送りしておりました。ふつうの8月の「お盆の休み」も、昨日から始まりましたので、今年は「お盆休み」と「旧盆(昔のお盆)」がWで重なった、「スピリチュアル的なお盆」になりました。「旧盆」と「新盆」が重なった今年は、敏感な方は、「今週は少ししんどい」かもしれません。 まずお盆は、「霊界の扉が開くと云われ」、普通の期間よりは、霊がこの世に帰って来やすい週にもなります。「お墓参り」は行ったり、仏壇がある場合は、お盆は「仏壇回り」を綺麗にしておきましょう。又、「今年は故人が大変帰りやすい状態」になっておりますので、ただただ故人を思い出してあげてください。 生前、「故人が好きだった場所」を空けておくのもいいですし、「故人が好きだった好物」をお供えしてあげてください。「故人が好きだった好物」は、実際、故人は香りを通して飲食しますので、袋やシールははがしたままお供えしましょう。又、ビールやジュースも栓を抜いて出してあげてください。タバコが好きだった故人には、火をつけて、火災には注意しながらお供えしてあげてください。 たとえば故人が好きだった音楽などを、かけてあげて「聞いてね!」とお声かけしてください。 故人は「久しぶりの音楽」を、すごく喜

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました