スポンサーリンク

患者に寄り添える医療者になってほしい―― ~第151回 がんサロン~

その他
一昨日の夜から降り出した大雨きのう、一日中降り続いていた今日はどうなるかと思ったが、空は鮮やかな青空と木々の緑のコントラストが眩しい気温は25.7℃陽射しは暑いが、木陰に入ると風が涼やかだすでに秋の気配を感じる...そう、ここは、『がんサロン』へ向かう道今日は151回目のサロンお盆のため参加者は少ないと思っていたが、意外と集まったさらに毎年8月、9月は、実習生も数名参加する昨年はコロナのため実習生の参加はなかったが、今年は1名だけ来ていたサロンは、患者の生の声を聴けるいい機会だと思うここには、“がん患者の本音”があふれているからそれは、家族にも言えない不安家族に話してもわかってもらえない、心と身体の痛み...外来や入院中でも聴くことのできない思いがきっとここにはあるそして私たちはいつも願うのだ「患者の痛みに寄り添える医療者になってほしい」と――今年もそんな話をしながら、『がんサロン』の意義を考える“がん”は、今では、日本人の2人に1人がかかる病特別な病ではないが、やはりどこか特別だそれは、やっぱり“死”を意識するから“完治”がどこにあるかわからないから“再発”というものが、いつもすぐ隣にあるからいくら、「早期であれば完治も可能」と言われていても、実際にがんになるとそうは思えないだから、『がんサロン』が必要なのだ増え続けるがん患者そこには一人一人の悩みがあるつらさがあるそれでもわかり

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました