スポンサーリンク

エネルギー療法によるIgA腎症の克服!

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

慢性糸球体腎炎(慢性腎炎)は、蛋白尿や血尿が長期間(少なくとも1年以上)持続するものをいいます。慢性糸球体腎炎は、さまざまな病気の総称であり、腎臓病の中で最も多いものとして知られています。その中のIgA腎症は、小児における慢性糸球体腎炎の半数をしめます。
国の難病(特定疾患)にも指定されており、お子さんがIgA腎症と診断され、将来の不安を抱えていらっしゃる親御さんもいるのではないでしょうか。けれど、”難病”とはあくまで現代医学の範疇で規定されたもの、人間の自然治癒力は無限の可能性を秘めています。
今日は、エネルギー療法によるIgA腎症の治癒例のご紹介です!!
症例 20代 男性
12歳の時に血尿、蛋白尿が陽性となり、総合病院でIgA腎症と診断されました。高校1年生時に、扁桃腺の摘出手術とステロイドパルス療法をおこなわれました。医師の忠告で病状の悪化を避けるために、運動をすることができませんでした。風邪やインフルエンザにかかると腎炎の症状が悪化しました。
母親が、本人が21歳の時にマインドパワーを手にし、毎日のようにパワーを通しました。2週間に1回のマインドパワーの施療も受け、1年後に病院を受診した際には、血尿、蛋白尿ともに陰性となり医師から「完治」と診断され、病院の診察が終了となりました。今では運動をするこ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました