スポンサーリンク

“がん治療”に思う ~命の値段~

その他
がん治療はとにかく高額だがん治療の研究には、きっと莫大な費用と時間がかかっているのだろうこうしている間にも、私たちの知らないところで研究は進められているありがたいと思うが、それにしても高い『日本人の2人に1人ががんになる』年間、約100万人の日本人がなんらかのがんに罹るのだ「これほどの患者がいるのであれば、 もう少し安くはならないものか...」そう思ってしまう  国の医療費も気になるところだこれが“新薬”ともなれば、目の玉が飛び出そうなほどの薬価私がお世話になったホルモン剤も、現在は当時より安くなっているが、それでも高い後発品がかなり増えたのが救いだろうかがんは患者が多いその分、研究は進む理由は、“莫大な研究費をかけても、 儲けにつながるから”少しいやらしい言い方だが、とどのつまり、製薬会社も“儲け”だから、“数万人に1人”という難病と言われているものは、研究が進まない治療法も開発されない...そんなことを聞いたことがあるだからきっと、私の“珍しいがん細胞”の研究もされない思うあとは、遺伝子レベルの治療法に期待するしかないちなみに、  〇手術  〇放射線治療  〇ホルモン療法   ・LH-RHアゴニスト製剤(2年)   ・抗エストロゲン剤(5年)  〇検査(11年)   ・マンモグラフィ   ・超音波   ・CT   ・骨シンチグラフィ...など、これまでかかった費用は、70~80

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました