スポンサーリンク

ハンドヒーリングによる自律神経失調症の克服 その②

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

ストレス社会と言われる現代において、”自律神経失調症”も他の心の病と同様、増加の一途をたどっています。
自律神経とは、交感神経と副交感神経の2種類があり、必要に応じて自動的に切りかわって動いています。自律神経失調症とは、自律神経のバランスが乱れてしまい、様々な心身の不調がでてしまうものです。
自律神経のバランスが乱れると、心臓の鼓動が激しくなる、胃腸の具合がよくない、突然体がほてるといった、多くの不快な症状が引き起こされます。症状はその人の弱い部分に現れやすく、例えば体質的におなかが弱い人には腹痛や下痢など、肩がこりやすい人にはがんこな肩こりが起きたりといった具合です。いくつもの症状がかわるがわる現れたり、同時に重なることもあります。自律神経失調症の原因には、ストレスや生活習慣の乱れが影響していると考えられています。
マインドパワー(ハンドヒーリング)は、身体のエネルギー(気)の滞りを解消することで、自律神経の乱れを整えたり、全身の自然治癒力を高めていく治療法です。薬も使わずに副作用もありませんので、身体に優しい、理想的な治療法と言えるでしょう。先日、ハンドヒーリングによる自律神経失調症の克服例をご紹介しました(記事詳細)。今日は第2弾をお届けします。
症例:50代 女性
30代の頃から、浮遊感や全身倦怠感

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました