スポンサーリンク

【BND】バンガード・米国トータル債券市場ETFはポートフォリオのバランサー役に最適

内科医
おはようございます。
債券ETFの中で最も人気のある商品と言えば、米国総合債券ETFであるBNDとAGGです。
両者ともに数千以上の債券銘柄の集合体で、圧倒的な分散性を持つことと、ETFですのでいつでも現金化(ドル)可能な点が魅力です。
本日はBND(正式名称:バンガード・米国トータル債券市場ETF)をご紹介させていただきます。
【BND】 バンガード・米国トータル債券市場ETFはポートフォリオのバランサー役に最適
債券投資の必要性について
シーゲル博士の『株式投資の未来』によれば、債券の長期リターンは株式を下回ることが明確に示されており、長期投資では株式が主力になることは間違いありません。
一方で、短期〜中期的な暴落に対して、ポートフォリオに債券を一定割合組み込むことによって下落耐性を高めることには意味があると思います。
「株式100%が長期投資においては有利である」と机上の理論では理解しているつもりでも、実際に自分の金融資産の5割が溶けて消えるような大暴落が訪れた場合、精神的に動揺して余計な売買を繰り返してしまう可能性があります。
株式を20年以上に渡ってホールドし続けるのは、簡単そうに見えて非常に難しいことです。
暴落は来てから備えていては遅いとよく言われますので、特にポートフォリオの総資産額が大きくなってきている方は、相場のよいうちに今一度リスクを見直すことをおすすめしま

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました