スポンサーリンク

納豆とサーファー

その他
納豆とサーフィン世の中には、いろいろなアレルギーがあります。その中で納豆アレルギーの人もいます。納豆アレルギーの人の多くは、サーファーやダイバーなど海の中にいる時間の長い人たちです。納豆と海の意外な関係。横浜市立大病院で、納豆アレルギー患者18人のスポーツ歴などを調べたところ、12人がサーファー、2人がスキューバダイバー、1人が潜水作業員ふだん海にいる時間が長い人が83.3%と大部分でした。なんとその原因は、納豆のネバネバ成分のポリガンマグルタミン酸。これは、納豆とクラゲの触手に共通に存在する物質だったのです。海にいる人で納豆アレルギーになった人たちは、海でクラゲに繰り返し刺されたことでポリガンマグルタミン酸アレルギーになったと推測されます。ちなみに、オーストラリアの研究によると、思春期に太陽光によく当たった人は、花粉症と皮膚湿疹のリスクが大幅に減ることが判明しています。つまり、若いころからサーフィンをやっていた場合、納豆アレルギーになるリスクは多少あるものの、花粉症にはなりにくくなります。まさか若いころの部活が、花粉症予防になっていたなんて誰も思わないでしょう。そして、もし花粉症になっても、いいことはあります。花粉症などのアレルギー症状をもつ人々は、アレルギー症状のない人と比べて、膵臓癌、大腸癌、食道癌、胃癌、口腔癌、脳腫瘍などの発症リスクが低下することが知られています。花粉症な

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました