スポンサーリンク

【地球温暖化フェイク】沈む沈む詐欺に利用されたツバル

健康法
「115年前から32ヘクタールも拡大」温暖化で沈むはずのツバル諸島の面積が増えているという不都合な事実太平洋のツバル諸島は温暖化による海面上昇で国土が沈没する危険があるといわれてきた。ところが、それには誤解があるという。森林ジャーナリストの田中淳夫さんは「ツバル諸島は115年前から32ヘクタールも面積が拡大している。海面は上昇しているが、それよりも人口増加と環境汚染という『ローカルな要因』で国土の危機が起きている」という■「ツバル諸島の面積」実は増えていた 海面上昇問題で有名になったのは、南太平洋の島嶼国家ツバルだろう。 国土のほとんどが海抜1~2メートルしかない珊瑚礁の島々であり、海面上昇によって国全体が水没の危機にあるとされている。 このまま海面上昇が続けば、国土そのものがなくなり、国民は行き場を失いかねない。 そこで2002年にツバルは、大国や大企業は地球温暖化ガス排出量の抑制や削減に不熱心で、ツバルを沈没の危機にさらしている、と大国を提訴すると表明したこともある(実際には提訴は困難と判断して中止した)。 一方で、オーストラリアとニュージーランドに環境難民の受け入れを要請した(こちらも拒否されて、ニュージーランドに労働移民として少人数受け入れられただけ)。 ツバルはどうなるのか……。先のテレビ映像を見ていた人は、そんな心配をするだろう。 だが、ここに意外な事実がある。ツバルの

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました