スポンサーリンク

尻尾曲がりの猫たちと人の貿易の歴史

その他
今日は猫の尻尾の話です。日本では生まれつき尻尾がぐにっと曲がっている猫たちがいます。これ、日本では当たり前なのですが欧米ではとても珍しいことなのです。たしかに欧米の絵画を見るとたくさんの猫たちが描かれていますが、どの猫も尻尾はぴんと長いです。次の図は世界の尻尾曲がり猫分布図です。英国を中心とした一番薄いピンク色は、ごくわずかに存在中国を中心としたやや薄いピンク色は、10%程度存在日本やフリピンのピンク色は、10~30%存在タイ、インドネシア、マレーシアなどの東南アジアの赤色は、50%以上存在残りの場所には、基本的にいません。英国やEUの一部に尻尾曲がりの猫がいるのは、昔、貿易で猫を持ち帰ったことが考えられます。昔の船は積んだ食料を忍び込んだネズミたちから守るために猫を連れていたという記録が残っています。日本の絵画でも江戸時代中期までは尻尾曲がりの猫が描かれたことはありません。おそらくそれ以降に海外から入ってきたことが推測されます。それを裏付けるかのように昔から貿易が行われていた場所長崎や東京・神奈川で多く尻尾曲がりの猫が分布しています。猫のさまざまな遺伝子の流れを追うと昔の人の流れも浮き上がってくるのです。今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。よろしければクリックお願いします。人気ブログランキング光の魂たち 動物編 人の霊性進化を助ける動物たち [単行本]森井

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました