スポンサーリンク

国産蜂蜜から発癌性疑惑のグリホサート検出 考

健康法
まぁ国土が狭い、、がんや免疫力の低下、発達障害などを引き起こす疑いが持たれている除草剤が輸入蜂蜜から相次いで検出され問題となっているが、安全と思われていた国産蜂蜜の多くからも、同じ除草剤が検出されていた。問題の除草剤は米モンサント(2018年に独バイエルが買収)が開発したグリホサート。世界的に使用量が増えているが、国際保健機関(WHO)傘下の国際がん研究機関(IARC)は2015年、「ヒトに対しておそらく発がん性がある」と発表した。米国では、モンサントやバイエルを相手取ったがん患者らによる巨額訴訟が相次いでおり、現地からの報道によれば、先月にはカリフォルニア州最高裁が、グリホサートを使用し続けた影響でがんを発症したと主張する夫婦に8620万ドル(約97億4000万円)を支払うよう命じた控訴審の判決を支持する決定を下している。日本でも、ニュージーランド産の人気高級蜂蜜からグリホサートが検出されたことが昨年、ニュースとなったが、その後、アルゼンチン産やカナダ産などの蜂蜜からも相次いで検出され、一部の商品が店頭から回収されるなどの騒ぎに発展した。同センターではこのほど、依頼者の同意を得た12検体のデータを公表。全体の75%にあたる9検体からグリホサートが検出された。このうち2検体は国の定めた残留基準である0.01ppmを上回り、最高は基準値の10倍の0.10ppmだった。残留基準は食品に

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました