スポンサーリンク

11β-HSD1阻害薬[6] 糖尿病患者への投与結果

健康法
11β-HSD1阻害薬として,現在もっとも有力視されている Incyte社のINCB13739の第2相 臨床試験結果が報告されています.

Rosenstock 2010

この試験では,それまでにメトホルミン単独(平均=1,500mg/日)治療を10週以上受けているにもかかわらず平均 HbA1c=8.3%と 血糖コントロール不良の糖尿病患者302名(平均年齢=52-54歳)を6群に分けて,それぞれ INCB13739を 5/15/50/100/200mg 及び プラセボを1日1回服用してもらい,12週後の血糖値変化を観測しました.

12週間までの空腹時血糖値とHbA1cの変化は以下の通りです.

Rosenstock 2010 Fig.1を翻訳

Rosenstock 2010 Fig.1を翻訳

空腹時血糖値もHbA1cも投与後 順調に下がっています. ただこの結果をみると それほど強力な薬というわけではなさそうです. 既にメトホルミンを単独服用していた人ですが,対象者の平均BMIが32~34ですから かなりインスリン抵抗性が強いのかもしれません.もっともこれくらいが欧米糖尿病患者の典型です.

なお 対象患者を 投与量で5群に分けましたが,

Rosenstock 2010 Fig.1を翻訳

上記の 100,200mg/日よりも少ない投与量の場

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました