スポンサーリンク

痛み止めリリカで自殺傾向

その他
現在さまざまな痛み止めが販売されています。それは痛みの作用機序に効くポイントがそれぞれ異なるからです。そしてそれぞれの痛み止めにはさまざまな副作用が伴います。時には処方する医師にも予想外の副作用もあります。痛み止めの薬の一つに神経障害性疼痛、線維筋痛症に伴う疼痛に使われるプレガバリンがあります。ガバペンチノイド系薬剤の一つです。日本でも「リリカ」としてよく使われている医薬品です。リリカの主な副作用にはめまい、傾眠、意識消失、眼障害(弱視、視覚異常、霧視、複視など)があります。また急激な投与中止によって不眠、悪心、頭痛、下痢、不安、多汗症などの症状があらわれることがあります。他の重大な副作用としては心不全、肺水腫、 横紋筋融解症、腎不全、血管浮腫、低血糖、間質性肺炎そしてさまざまな精神障害があります。添付文書の副作用の項目には発生頻度は少ないもののありとあらゆる精神障害の副作用が書かれています。スウェーデンでガバペンチノイド系薬剤(リリカとガバペン)を処方された15歳以上の19万1,973人(女性59.1%、45歳以上75.4%)のデータを解析した論文があります。BMJ(2019; 365: l2147)この二つの薬剤は同じガバペンチノイド系薬剤というものに属しています。論文のタイトルがすごいことになっています。「ガバペンチノイド系薬剤と自殺行動、薬剤過量投与、外傷、交通事

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました