スポンサーリンク

本気でやろう。非開始と中止。人生会議。

医療機関
その延命治療って、今、希望しておられるんでしょうか?
 
 
鼻からする人工呼吸器を、1日の半分使っておられた。
病院の主治医の先生によると、救急搬送された時から、
まずは、一旦、救命処置が行われたそうだ。
そう、これが、延命治療の開始だ。
日中は、酸素投与のみで、夜間、鼻からの人工呼吸器を装着している。
 
今日は、退院前の大切なカンファレンス。
訪問看護師さんや訪問介護士さん、
もちろん、ケアマネさんも居て、
地域連携室看護師さんと病棟看護師さんと
娘さん達と、携帯電話で参加のお孫さん、
主治医の先生と、僕とうちの保健師と、
在宅ケアの方法の確認が行われた。
 
先生、他に何かありますか?
って最後に振られたので、おもむろに、
質問をさせていただいた。
 
延命治療は希望されず、とありますが、
鼻からの人工呼吸器も延命治療の一つです。
実際には、おじいさんは、ご希望されておられるのですか?
 
娘さんや、孫の女医さんが、おじいさんのご希望を代弁された。
 
管とか、機械とかで、生き延びることはしたくない。
こうはっきりと、以前から、ご家族に話されていたそうだ。
 
では、答えはもうハッキリしている。
非開始と中止。中止ではなく開始に非ず、と考えて、人工呼吸器を外し、
水分の末梢輸液も、中止ではなく

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました