スポンサーリンク

で、体験したのか?

健康法
まぁなんでもスピリチュアルに絡めて言いたい放題。氣って言葉が、、武道で使われ出したのは合気道。特に、藤平光一氏の「氣の合気道」ですね。藤平光一氏が王貞治氏を指導して「一本足打法」が生まれたのは知ってる方は知っている。打撃コーチだった荒川氏が新人だった王選手を道場に連れて行った。藤平氏は王選手の下半身の弱さ、身体軸の無さを見抜いて、臍下の一点に気を鎮めて、、片足立ちで構えてビクともしないよう練習させた。ところが一本足で立つ練習をしてしまったので、、バッターボックスで両足立ちするとバランスが悪くヒットが出ない。それで荒川コーチは藤平氏に電話して、、「先生、王を一本足で打たせて良いですかね」と相談。藤平氏は野球のことはわからないで、、「ピッチャーも一本足だからバッターも良いのではないか」と返事。荒川コーチは王選手に「次は片足で構えろ」と指示。その片足で初めて打席に立ってヒットを放った。一本足打法誕生の瞬間です。藤平氏の弟子にはライオンズ監督を勤めた広岡達朗氏もいる。広岡氏が若い選手に腕を出して「オレの腕を曲げてみろ」とやったのは有名です。で、、その藤平氏が指導した極意ってのは、、脱力統一体。臍下の一点に気を鎮める。これはラグビー日本代表も指導されて、、、臍下の一点に気を鎮めてタックルする、、という指導で、、日本ラグビーが善戦したという。ワタシも藤平氏の著者を読んで、、、合気道系武道の門を

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました