スポンサーリンク

糖質制限も12年目に

健康法
糖尿病自覚の経緯

私のこれまでの経緯は,このブログの『これまでの経緯』に書いた通りです.『自分は軽症だが間違いなく糖尿病だ』と自覚したのは,当時勤務していた会社の産業医が警告してくれたからでした.

そこで それ以上糖尿病が本格化しないように,2011年頃から糖質制限食を実行しています. と言っても;

糖質は管理しません

私の糖質制限食は 江部先生の『スーパー糖質制限食』でも,北里大学 山田悟先生の『緩い糖質制限食(ロカボ)』のどちらでもありません. 平均すれば 結果的に糖質摂取量は~100g/日くらいになっているので,しいて言えば 両者の中間ともいえます.しかし私の糖質制限が両先生の糖質制限食と決定的に異なるのは,糖質量をカウントしない,しいて言えば『そるばのなりゆき糖質制限食』なのです.

どういうことかと言えば,糖質量をこまかく気にするのではなく,『1日のどの時点でも(つまり食後でも)血糖値 140mg/dlを越えないこと』これを目標にしているのです. もちろん糖質量の上限を決めるというやり方もあるでしょうが,私の場合は 同じ糖質量でも,食後血糖値の上がり具合は その時 同時に食べた脂質の量に大きく左右されるので,糖質の量だけを見ていても意味をなさないのです.

糖質が多くても 同時に脂質も多ければOKだし,逆に わずかな糖質量でも脂質ゼロだと激

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました