スポンサーリンク

この窓に明日が入ってくる。

医療機関
お家で過ごしたら、こんなにもお風呂とか入れてくれて、
綺麗にしてもらえるなんて知らんかったです。病院なら、
シャワーもできない状態で、体を拭いてもらうだけだったし、、、
 
 
父親に肺がんが見つかったのは1年前。
娘さんたちは、人生の最期を暮らす父の望みを叶えるためとは言え、
お家での療養を、決心するのを悩んでおられた。
病院ホスピスも選択の一つ。正直、肺がんという病気の最期が怖かった。
僕らの取り組む在宅ホスピスって、どんなのか、その時はご存知ではなかった。
 
お家で最期を過ごす時、そこにもいたって普通の暮らしが存在する。
 
朝起きて、娘さんに「おはよう」と声をかけ、
おトイレに行き、顔を洗って、そして、娘さんが用意した朝食を食べる。
決まって、耳にはイヤフォンでラジオを聴いておられる。
娘さんがお仕事に行く時は、娘さんは「行ってきます。」
それに、答える。「気をつけてな。」
娘さんが仕事に行っている間は、訪問看護さんがやってきて、
お体のケアを適宜していく。お通じのことなんかも確認する。
別の娘さんと交替で、日中を過ごされる。
週2で、訪問入浴さんで、ゆっくりお風呂をされる。
お仕事から娘さんが帰ると、夜の眠り薬を飲んで、お休みに。
決まって、深夜三時ころ目を覚まされ、2階で寝ている娘さんに声をかける。
少し喉がゴロゴロ言うから、

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました