スポンサーリンク

配当を再投資するだけなら新NISAで高配当株投資はすべきでない

内科医

 
おはようございます。
NISA制度で配当をもらう場合、本来配当金にかかる税金が非課税になりますのでその分有利になるのは間違いありません。
受け取った配当金をすぐに生活費として使う方であれば、NISAでどんどん高配当株やETFを購入するのがよいでしょう。
一方、配当金を受け取っても再投資に回すだけであり、当面の間は使う予定がない方の場合、NISA枠を高配当株や高配当株ETFへ埋めてしまうと効率が落ちてしまいます。
本日は「新NISAで高配当株投資をすべき人とそうでない人の違い」について検討します。
 
配当を再投資するだけなら新NISAで高配当株投資はすべきでない
配当を再投資するだけなら新NISAで高配当株投資はすべきでない
配当金をすぐに使う場合はNISA枠で高配当株投資をする意味あり
もらった配当を再投資に回すだけなら新NISAで高配当株投資は非効率
配当をすぐに使う予定がなければ投資信託で分配金をファンド内再投資しよう
まとめ


 
配当金をすぐに使う場合はNISA枠で高配当株投資をする意味あり
米国高配当株や高配当株ETFへ投資した場合、通常の課税口座であれば米国と日本で二重課税を受け、税引き後の配当金は約3割減ってしまいます。
具体的

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました