スポンサーリンク

外国株投資家にとって円高の影響は大きい

内科医
おはようございます。
株式投資をしていて最近しみじみと感じるのは、日本人投資家にとっては為替レートの影響は非常に大きいということです。
ドル円の相場は長らく110円前後で推移していましたが、この1ヶ月で急激に円高が進行し、今現在は105〜106円台を行ったり来たりの状態です。
為替レートが5円円高に進むと、仮に株価が横ばいだとしても日本円建ての評価額は約5%ダメージを受けてしまうわけです。
本日は、外国株投資と為替の影響について検討してみます。
外国株投資家にとって円高の影響は大きい
国内の投資信託であっても外貨建て資産は円高のダメージを受ける
 
国内の投資信託を中心に投資している方であっても、外貨建て資産を購入しているのであれば円高の影響は等しく受けます。
例えば、楽天VTIを積み立てている方であれば、円高が進行すればその分基準価格に影響が出ます。
よって、ドル建てで株価が下がり、同時に円高が進行した場合にはダブルパンチで価格が下がることになります。
VTIなどの海外ETF投資をしている場合は、株価はドルベースで表示されますので、株価下落の影響と為替レート変動の影響がひと目で分かりやすいですね。
私自身は、全てが明瞭なETFが気に入っていますが、ドル建てで表示されると為替の影響がいちいち気になるという方は、あえて投資信託を選択する手もあるでしょう。
ただし、外国株ファンドを購

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました