スポンサーリンク

インデックス投資家は低コスト、分散、長期保有の大原則を厳守しよう

内科医
おはようございます。
かれこれ10年以上に渡って投資をしてきた経験から、投資に手間暇をかけたくない方にとって絶対に守らなければならないルールは「低コスト・分散・長期保有」だと思います。
個人投資家にとっては、大きなリターンを得ることよりも大きな失敗を避けることのほうが重要だからです。
なぜこの3つが重要なのか、以下で詳細を検討します。
インデックス投資家は低コスト、分散、長期保有の大原則を厳守しよう
コストを徹底的に省く
まず最も重要なことは、徹底的にコストを省くことです。
この場合のコストには、売買コスト、為替コスト、信託報酬など各種手数料が含まれます。
外国株投資の場合、SBI証券、楽天証券、マネックス証券のネット証券大手3社は、売買手数料を約定金額の0.45%に設定しています。
0.45%というと一見たいしたことないように見えますが、売買で往復すれば1.0%近く持っていかれることになりますから、積み重なるとバカになりません。
また、信託報酬は、保有している限り毎年確実に支払い続けなければならない手数料ですから、これを0.1%でも低く抑えることが重要です。
為替コストは、住信SBIネット銀行を活用することで、米ドルの場合は2銭〜4銭に抑えることができます。
また、長期投資家の場合、円と米ドルを何度も往復することは考えづらいため、他の手数料よりは問題となりづらいでしょう。
 

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました