スポンサーリンク

一括投資で機会損失を防ぐべきか、投資タイミングを分散すべきか

内科医
おはようございます。
当ブログの読者の方から以下のご質問をいただきました。
ちゅり男さま いつも拝見しております。
現在、36歳、妻、1子ありでございます。
二人の子供を今後考えています。
これまで以下で運用しております。
・積み立てNISAを楽天VTIで夫婦で満額
・確定拠出年金を全世界株式投資信託で満額
現在、
1.余剰現金1300万円の投資
2.月10万円の給与からの現金投資
この2つについてどのように資産運用に割り振ろうか考えています。
ゴールは50歳で1億円の資産を築いてのアーリーリタイアです。
戦略は、原則米国株への投資信託、またはETFを考えています。
米国へのカントリーリスクは取るつもりです。
悩みは、
1.を米国株式投資信託に一括で開始して機会損失を防ぐべきか、
2に乗せて、タイミングを分散すべきか迷っております。
また、米国株も非常に好調であり、次のリーマン・ショックは近いから暴落するタイミングを待つべきという声もあります。
人生をある意味大きく左右する決断であり、最終的には個人の意思で決めることは言うまでもないことですが、お考えをお聞かせいただけますと幸いです。
ご質問ありがとうございます。
必ずしも暴落をじーっと待ち続ける必要はないと思いますが、逆に今は大金を一気に投じて大勝負に出るタイミングではありません。
無理のない範囲でコツコツ積み立てながら

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました