スポンサーリンク

SBI証券の米国株取引で指値期間の延長と逆指値注文が可能に

内科医
おはようございます。
以下の記事にある通り、SBI証券の米国株取引で、逆指値注文が可能となり、指値期間が90営業日に延長されます。
prtimes.jp
SBI証券は「米国株・ETF定期積立サービス」もありますので、この改定でより一層おすすめできる証券会社となりました。
SBI証券の米国株取引で指値期間の延長と逆指値注文が可能に
今回の変更点は以下の2点で、10月7日(月)現地約定分から適応となります。
 
 
1) 逆指値注文が可能になる
2) 指値期間が最大90営業日
 
マネックス証券では以前から米国株取引で逆指値注文が可能であり、指値期間も最大90営業日となっています。
よって、今回のSBI証券の変更はマネックス証券に追随する形の変更となりますね。
SBI証券は「米国株・ETF定期買付サービス」というオリジナルのサービスも提供していますので、これでますますスキがなくなったと思います。
 
指値注文を利用して自分の希望した価格で株を購入する
指値期間が90現地営業日まで延長したのはありがたいですね。
指値注文とは、「A株が◯◯ドル以下になったら買い注文」というオーダーを予約できるものです(買いの場合)。
今までは15日営業日先までしか期間指定ができませんでしたが、これからは90営業日先まで指定可能となります。
短期目線の方にはあまり関係ありませんが、長期目線の方でできるだ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました