スポンサーリンク

多発する肝臓がんに対する治療

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさんおはようございます2代目ガンちゃん先生です気付けば師走もう今年も残すところ1か月早いものです早く子供たちのクリスマスプレゼント買いに行かねばと焦っております・・笑さて、本日ご紹介しますのは、福岡県から来院された肝臓がんの患者さまラジオ波治療塞栓術がなされ、再発を繰り返し癌を広がってきて、余命は半年ですと手の施しようがないと前医で宣告基本的には飲み薬しかありませんが、それほど効果は期待できないと言われ岩本内科を調べて来院くださった方です来院頂きまして、最初に治療を始めたのが2か月ほど前来られた時は血管造影で分かる通り、癌は肝臓の右葉にぼこぼことCTでも多発、一部門脈に入っているのでステージ4A早速、カテーテルを留置し、肝動注化学療法 New FP療法と可能な場所を門脈動脈同時塞栓療法です岩本内科メソッドです2か月の経過で数回の動注療法を行い、先週、改めて評価してみますと、、癌はゼロ♪全ての癌に薬剤が入り、腫瘍マーカーも正常化このような治療結果は奇跡的な結果ではありません内服の抗がん剤の癌をゼロにする力は数%これまでの蓄積された治療データからみると岩本内科で提供しているNew FP療法門

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました