スポンサーリンク

五本木クリニックの鼻の手術がほとんど腫れない5つの秘訣

外科医
■手術を受けるとなぜ腫れるのか?
人間の体が、細菌の侵入や物理的・化学的刺激などを受けると、その部位が赤くなって腫れ、熱をもち、痛みが発生します。この状態を炎症といいますが、これは傷を治すために起こる体の防御反応の一種です。
外科手術によって、体にメスを入れる行為も物理的刺激となり、手術を受けた部位には必ず炎症が起こり、赤み・腫れ・熱感・痛みが発生します。
この炎症症状のうち、術後のダウンタイム(施術してから回復するまでの期間)に最も影響を与えるのが「腫れ」です。
赤みや青あざなどは、メイクである程度カバーできますが、「腫れ」のみはカバーしきれません。
手術の中でも特に美容目的で行うものは、顔が多く、腫れている間は人前に出られません。病気で手術するのであれば、じっくり時間をかけて治療できるのですが、美容手術後に長期に仕事を休むわけにはいきません。少しでもダウンタイムを短くして、できるだけ早く社会生活に復帰したいというのが美容手術を受ける方の共通の願いです。
そこで、当院では極力腫れを最小限に抑えるための様々な工夫をしています。
 
■手術範囲が広いほど、手術時間が長引くほど腫れる
メスやはさみで皮膚や皮下脂肪などの組織を切ったり、剥がしたりすると、そこに傷が生じるわけで、傷ができると、体の防御反応で、炎症が起こり、浸出液がでてきて腫れてきます。
傷の範囲が広いほど腫れ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました