スポンサーリンク

【武漢コロナ禍】現役医師「これからは『コロナは風邪』と割り切る視点も必要だ」

健康法
2020年8月現在、新型コロナが再度感染拡大と言われています。私は全く違った印象を持っています。なぜそう思うのか、公開されているけれど強調されていない点もゆっくり考察して、少数の法則の認知バイアスや代表性ヒューリスティックを減らして俯瞰してみましょう。■一定の陽性率と低い死亡率2月~7月末までの東京都が公開したPCR検査数と陽性率、重症者数(図版作成=大和田潔)これは2月から7月末までの東京都が公開しているPCR検査数と陽性率、重症者数です(本当は重症者数の縦軸はもっと小さい)。なにも加工せず並べました(※7)。このグラフを見ると、私は素直にこう思います。1.PCR数は、現在は1日6000回近くで初期に比べると何百倍も行われている。2.PCR陰性の人が圧倒的に多い(薄緑の部分が陰性)。3.6月下旬から95%以上が陰性で、7月からは陽性率(オレンジの実線)は長期間5~7%の一定で推移。4.6月末からPCR陽性患者が激増していると報道されて4週間以上経過するが、重症患者数は増加していない。初めからそもそも極めて少ない。5.PCR検査数が少ない初期には陽性率の高さが注目され、検査数が多い現在は陽性者の数自体が注目されている。そういうふうに思います。全体を知っている上で目立つところを引き抜くという作業は常に行われていますので、5の視点はとても重要です。そして、私はこの状況をみて日本では重症

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました