スポンサーリンク

「歌」の秘密と「歌」のパワー!

健康法
 皆さんは、「歌うこと」を忘れておりませんか? 自分の歌う歌は、「大変、癒し効果」があるので、たまに歌ってみると本当に凄いですよ! 「歌う」ということは、はたから見ると簡単に見えますが、「歌詞」と「音階」を同時に出すものですから、かなりの難しいものになります。歌を歌うことは、スピリチュアル的には、「右脳を開く訓練」にもなります。 楽器の弾き語りは、更にリズムをとりながら楽器を弾いて歌うのですから、「スピリチュアルの能力」がグ~ンとアップします。 今、「NHKのみんなのうた」では、6月~7月は、「凄く癒し効果のある曲」が放映されております。 安全地帯の新曲の「あなたがどこかで」の曲は、玉置浩二さんが歌う、コロナあとや「今の世情を歌った、しっとりとしたバラード」です。TVでは毎日、放映されている「心が癒される歌」ですが、ネットでは、NHKのYouTube削除隊がいて、UPされてもすぐに消されております。 15年前になりますが、「ボイストレーニングを東京で数回受けておりました」が、プロの歌手の先生が、「小島さんの低音は玉置浩二さんの声に似てて、シビレルくらいに素敵よ!」と嬉しい事を言ってくれたことがありました。今年も桜の下で、玉置浩二似の声で「桜」が歌えなかったホウホウですが、今でもローズウッドのギターを出して、よく一人で歌っております。(今は月下美人のギターよりもローズウッドのギターの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました