スポンサーリンク

個別株投資では買い以上に売りの技術が求められる

内科医
おはようございます。
かの有名はウォーレン・バフェットの格言の1つに以下があります。
ルール1:絶対に損をするな
ルール2:絶対にルール1を忘れるな
これは非常に重要な投資格言で、大きな損失さえ出さなければ後からいくらでも取り返すチャンスはやってきます。
以前に個別株投資をメインでやっていた時に、このルールを忘れたがために何度もやられた経験があります。
これから個別株を始めようかという方のために、私の失敗談を記録しておきます。
 
個別株投資では買い以上に売りの技術が求められる
株は売却して初めて利益になるという原則
よくある負けパターンを挙げます。
自分が100ドルで購入した株が、その後順調に上昇し続け、130ドルまで上昇し30%の含み益が発生しました。
もちろん、そこからさらに右肩上がりの急成長を遂げる可能性もあるわけですが、残念ながら130ドルをピークに少しずつ株価が下がり始め、120ドルまで下がりました。
冷静に考えれば、20%も含み益があればできすぎなのですが、一時期は30%の含み益あったと考えると、欲が出てしまうものです。
「もう少しホールドしていれば株価が再上昇するかも」と希望的観測を元に保有し続けます。
すると、その後もみるみるうちに株価が下がり続けます。
下がり続ける株価を眺めているうちに、売り時を失ってしまうのです。
私もこのパターンで今までに何度かヤラれまし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました